【MixOnline】パンくずリスト
【MixOnline】記事詳細

大型後発品 発売翌月にシェア60%超え GEとAG同時発売で垂直立ち上がりの傾向

公開日時 2021/06/15 04:52
2020年度に登場した大型の後発品の多くで、発売翌月の数量シェアが60%を超えていたことがわかった。発売3カ月目には70%を超え、調査対象薬剤のひとつの消炎鎮痛薬セレコキシブ(先発品名:セレコックス)では80%に達した。今回調査した4製品はいずれもオーソライズドジェネリック(AG)と通常のジェネリック(GE)が同じタイミングで発売している。今後、大型後発品かつAGとGEの同時発売のケースでは、この垂直立ち上がりが常態化する可能性がありそうだ。

調剤レセプトから実際の処方動向を把握・分析する医療情報総合研究所(JMIRI、読み:ジェイミリ)のデータを用いて、後発品の数量シェアを確認した。調査対象薬剤は20年6月に薬価追補収載されたセレコキシブ、高脂血症治療薬エゼチミブ(同ゼチーア)、抗認知症薬メマンチン(同メマリー)、20年12月に追補収載された疼痛薬プレガバリン(同リリカ)の4製品とした。いずれも先発品は薬価ベースでピーク時に500億円以上の売上があり、リリカは1000億円を超えた。

◎プレガバリン後発品 発売3カ月でシェア74%

後発品登場の翌月の後発品(AG+GE)の数量シェアをみるため、6月追補品では7月の後発品シェアを、12月追補品は翌年1月の後発品シェアを見てみた。その結果、セレコキシブの後発品シェアは70%(AG:12%、GE:58%)、エゼチミブは68%(同10%、58%)、メマンチンは58%(同6%、52%)、プレガバリンは66%(同19%、47%)――で、後発品登場の翌月から一気に後発品が立ち上がっていた。通常のジェネリック(GE)の立ち上がりも早く、プレガバリンを除く3剤で翌月にはシェアが50%を超えていることも確認された。

後発品登場から3か月目の後発品シェアをみるため、6月追補品では9月のデータを、12月追補品では翌年3月のデータを見てみたところ、セレコキシブは80%(同15%、65%)、エゼチミブは78%(同12%、66%)、メマンチンは75%(同8%、67%)、プレガバリンは74%(同21%、53%)――となり、4製品全てで70%超が後発品に置き換わっていた。

文末の「関連ファイル」に、後発品の登場時期別の後発品シェア推移に関する資料を掲載しました(会員のみダウンロードできます。14日間の無料トライアルはこちら)。また、JMIRIとミクスとの共同連載「医師の処方動向をよむ」の目次はこちら(目次はどなたでも閲覧できます)
プリントCSS用

 

【MixOnline】コンテンツ注意書き
【MixOnline】関連ファイル
ボタン追加
【MixOnline】キーワードバナー
【MixOnline】記事評価

この記事はいかがでしたか?

読者レビュー(14)

1 2 3 4 5
悪い   良い
プリント用ロゴ
バナー

広告

バナー(バーター枠)

広告

【MixOnline】アクセスランキングバナー
【MixOnline】ダウンロードランキングバナー
記事評価ランキングバナー