【MixOnline】記事一覧2
MRキャリアの新段階

MRキャリアの新段階

2014/11/01
医療ビジネスを志す若者の中でも、製薬業界およびMRに対して強い憧れを抱く就職活動生は、毎年それなりの人数になる。共感した私はMR内定者が主催する相談イベントや支援セミナーで講演し、学生各自の相談に無報酬で対応してきた。
キーメッセージは当たらない

キーメッセージは当たらない

2014/09/30
現役の臨床医が、製薬企業のオフィスを訪問する機会は限られている。営業所内で開催されるライブ配信の講演会を聴講する、あるいは疾患勉強会の社外講師として招かれるといった場合が通常であろう。ましてや、製薬企業の本社を訪問している医師の割合はごく少数に違いない。
聞きたがるMR

聞きたがるMR

2014/08/30
初代iPad発売から4年あまりで、製薬営業におけるタブレット端末の活用は、ありふれた手段となった。スマホを公私にわたって愛用するMRが増え、端末の操作ぶりが洗練され、見栄えが良く効率的なディテーリングが実現した・・・はずである。
マネージャー研修の変革

マネージャー研修の変革

2014/07/31
軽妙なやりとりで院内を賑わせていたMR時代を、今でも懐かしむマネージャー層は少なくないだろう。アドリブと度胸、絶やさない愛嬌が営業マンとして必須のスキルであった頃は、医療関係者と懇意にしているだけでも、訪問時の価値が高まっていた。
イメージ戦略の呪縛

イメージ戦略の呪縛

2014/06/30
医学部学生が愛用する内科系参考書「イヤーノート」(メディックメディア刊)を私が初めて購入したのは、1998年であった。厳しい解剖実習などを終え、3年生として病態生理や臨床知識を本格的に学ぶ時期となり、国家試験対策として有名な同書を購入したわけだ。あれから16年が経ち、医師14年目となって同書を読み直すと、紹介されている医薬品の変貌ぶりに驚く。
表現力の向上

表現力の向上

2014/05/31
医療従事者にとって、昼の製品説明会は当たり外れが大きい。午前の業務を終えてから会議室や講堂へ出向き、担当MRの説明内容を実際に聞き続けなければ、出席が有意義であるのか否か分からない。テーマや発売製品に興味を抱きながら資材を眺め、美味しい弁当を食しながら、耳に入るのは“MRの声”である。
パワーランチの院内開催

パワーランチの院内開催

2014/04/30
勤務医でも開業医でも、平日の昼休みをゆったりと楽しむ余裕を持つ医師は少ない。休憩もそこそこに切り上げて、院内を再び走り回るのが普通であり、管理職や経営者クラスであっても会議や面談に追われ、簡単な買い食いで済ませている場合が多い。
医師教育と製品説明会

医師教育と製品説明会

2014/03/31
2004年に開始された新臨床研修制度は、丸10年が経過して各社MRの成長に影響を与えている。低所得と過重労働を強いられていた若手医師を保護し、単科しか経験しない医師の増加を防いだ意味で、このローテーション研修の意義は大きい。ところが医療界が想定していなかった新たな事態として、多くの医療従事者が初期臨床研修に関わる体制へと変わり、部外者であるMRの面談時間を削減する要因にもなった。
科学性・妥当性・限界

科学性・妥当性・限界

2014/02/28
各医療機関で提示している製品関連データについて、MRが情報源へ細心の注意を払っているかは分かりにくい。資材は豊富なグラフィックと目立つロゴデザインで構成され、社内研修中は強調すべき要点を絞り込んで覚えるため、隅々まで正しく読み込む余裕に乏しい。皆ですぐに“使える”部分を暗記し、ディテーリングとなった際には要旨を数十秒で説明できるよう、集団で訓練していく。学術部門などが監修した資材について、受講生がその出典を逐一確認し、疑問点を上司に質問するようなMR研修は企画すらされにくい。
上司同行のナゾ

上司同行のナゾ

2014/01/31
医局で午後の外勤に出かける準備をしていると、見知らぬ年配男性が背後から静かに現れる。白衣をハンガーに掛けながら靴を履き替え、急いでバッグの中身を確認する医師に向かって、対照的に奥ゆかしい表情を浮かべる謎の男性。不意を突かれた医師が困惑していると、馴染みの担当MRが顔を見せ、慌てた様子で挨拶をする。
バナー

広告

バナー(バーター枠)

広告

【MixOnline】アクセスランキングバナー
記事評価ランキングバナー
【MixOnline】ダウンロードランキングバナー