【MixOnline】パンくずリスト
【MixOnline】記事詳細

12年度国内医療用薬市場 ほぼ横ばいで推移 薬価マイナス改定、GE促進策で

公開日時 2013/05/21 05:02

IMSジャパンはこのほど、2012年4月~13年3月の国内医療用医薬品市場の動向(薬価ベース)を公表し、市場全体では売上9兆5601億2800万円、前年比0.3%増だった。市場がほぼ横ばいで推移した理由について同社は開示していないが、12年4月に実施された実質6.25%の薬価マイナス改定(長期収載品の追加引下げ含む)や、一般名処方加算の新設などジェネリック使用促進策が主因と見られる。市場の内訳は、病院市場が3兆7611億1000万円(前年比0.9%増)、開業医市場が2兆2162億9700万円(3.8%減)、薬局その他市場が3兆5827億2100万円(2.2%増)――だった。

同社が2月22日に公表した12年1~12月の市場動向の記事は、こちら

12年1~12月データと、今回公表した12年4月~13年3月データでは、ランキング結果などにほとんど変化はない。しかし、製品別の売上トップ10をみると、12年1~12月データでは10位圏外だったDPP-4阻害薬ジャヌビアが9位にランクインしている。ジャヌビアの12年4月~13年3月の売上は773億4800万円(前年比29.7%増)。

また、ジャヌビアを中心とするDPP-4阻害薬の躍進によるものとみられるが、薬効別ランキングでも、糖尿病治療薬は3位となり、12年1~12月データでの4位からひとつランクアップした。

なお、12年4月~13年3月データでの売上上位10製品はトップから、▽ARBブロプレス1118億7400万円(11.5%減)▽ARBディオバン1059億7500万円(11.2%減)▽抗血栓症薬プラビックス1049億6900万円(15.9%増)▽アルツハイマー型認知症治療薬アリセプト955億100万円(30.9%減)▽消炎鎮痛薬モーラスヒサミツ882億1100万円(0.1%減)▽抗リウマチ薬レミケード880億3100万円(10.4%増)▽ARBオルメテックダイイチサンキョウ841億8700万円(2.7%減)▽抗がん剤アバスチン817億2300万円(15.9%増)▽DPP-4阻害薬ジャヌビア773億4800万円(29.7%増)▽PPIタケプロン766億800万円(10.0%減)――。

売上上位10薬効では、トップから▽抗腫瘍薬6582億4400万円(4.2%増)▽レニン-アンジオテンシン系作用薬6320億6700万円(3.9%減)▽糖尿病治療薬4274億5100万円(8.9%増)▽脂質調整薬及び動脈硬化用薬4158億1000万円(7.1%減)▽制酸剤、鼓腸及び潰瘍治療薬4022億9700万円(8.0%減)▽抗血栓症薬3792億9900万円(3.6%増)▽全身性抗菌薬3646億2400万円(6.7%減)▽向精神薬3142億5900万円(1.9%増)▽喘息及びCOPD治療薬3084億円(1.7%増)▽免疫抑制薬2983億5000万円(14.3%増)――。

プリントCSS用

 

【MixOnline】コンテンツ注意書き
【MixOnline】関連ファイル
関連ファイル

関連するファイルはありません。

【MixOnline】キーワードバナー
【MixOnline】記事評価

この記事はいかがでしたか?

読者レビュー(2)

1 2 3 4 5
悪い   良い
プリント用ロゴ
【MixOnline】誘導記事

一緒に読みたい関連トピックス

記事はありません。
ボタン追加
バナー

広告

バナー(バーター枠)

広告

【MixOnline】アクセスランキングバナー
【MixOnline】ダウンロードランキングバナー
記事評価ランキングバナー