【MixOnline】パンくずリスト
【MixOnline】記事詳細

「軽いニキビは“ニキビ痕”にならない」との誤解多く ガルデルマ・塩野義が調査

公開日時 2015/08/20 03:50

ガルデルマと塩野義製薬はこのほど、ニキビ経験者600人を対象に意識調査を実施し、「軽いニキビでもニキビ痕が残る」ということを知らない人が約8割にのぼるとの調査結果をまとめた。調査対象の6割にニキビ痕があり、このうち女性の9割、男性の7割が「ニキビ痕が気になる」としているものの、「軽いニキビであればニキビ痕にならない」と誤解している人が約8割いた。そして未受診者の過半数が「ニキビは治療を受けなくても自然に治る」と考えていた。両社は調査結果を受けて、「ニキビ痕は気になっても、ニキビ治療は軽視する傾向がみられた」とし、医療関係者やニキビ患者らに早期受診の重要性について情報提供していくとしている。

調査は、15~39歳のニキビ経験者600人(男性300人、女性300人)を対象に実施した。調査期間は6月5日~8日。調査方法はインターネット調査。

ニキビ治療のために受診した人は全体の約3割で、受診理由は高い順から、「きれいに治したかったから」(57%)、「どんどん悪くなっていったから」(46%)、「病院で治療を受けるのが最も良いと思ったから」(39%)――。一方、ニキビで受診しなかった約7割の人にその理由を聞いたところ、上位から「自然に治るから」(56%)、「大げさだから」(42%)、「症状が軽いので病院に行くほどでもない」(42%)、「洗顔や市販薬で治るから」(39%)――だった。
 

プリントCSS用

 

【MixOnline】コンテンツ注意書き
【MixOnline】関連ファイル
関連ファイル

関連するファイルはありません。

【MixOnline】キーワードバナー
【MixOnline】記事評価

この記事はいかがでしたか?

読者レビュー(2)

1 2 3 4 5
悪い   良い
プリント用ロゴ
【MixOnline】誘導記事

一緒に読みたい関連トピックス

記事はありません。
ボタン追加
バナー

広告

バナー(バーター枠)

広告

【MixOnline】アクセスランキングバナー
【MixOnline】ダウンロードランキングバナー
記事評価ランキングバナー