【MixOnline】パンくずリスト
【MixOnline】記事詳細

あすか製薬HD 子宮筋腫治療薬・ウリプリスタルの国内申請取り下げ 22年3月期予想は26億円の純損失に

公開日時 2021/09/28 04:50
あすか製薬ホールディングスは9月27日、連結子会社のあすか製薬が子宮筋腫の適応で製造販売承認申請した「CDB-2914(一般名:ウリプリスタル)」について、承認申請を取り下げると発表した。同日開催された取締役会で決定した。これに伴って、2022 年3月期第2四半期に無形固定資産の減損処理等による特別損失として 67億9200万円を計上する見込み。同社は2022年3月期通期連結業績予想(2021年4月1日~22年3月31日)について、当期純損失26億円(従来予想、純利益8億円)に下方修正した。

同剤をめぐっては、欧州でウリプリスタル使用患者に重篤な肝障害が発生した。欧州では限定された適応症で 2021年1月に承認維持となったが、その後の各国での承認、販売状況を勘案し、国内では新規の承認取得が困難と判断したとしている。同剤は国内で、2019 年 12 月に製造販売承認を申請していた。

同社は、2022年3月期通期連結業績予想(2021年4月1日~22年3月31日)を公表。同剤の国内申請取り下げが響き赤字に落ち込んだが、主力の医療用医薬品事業を中心に堅調に推移しているとして、売上高を545億円(同、520億円)に上方修正。事業活動の効率化などにより、営業利益は35億円(同、15億円)も上方修正した。


プリントCSS用

 

【MixOnline】コンテンツ注意書き
【MixOnline】関連ファイル
関連ファイル

関連するファイルはありません。

ボタン追加
【MixOnline】キーワードバナー
【MixOnline】記事評価

この記事はいかがでしたか?

読者レビュー(2)

1 2 3 4 5
悪い   良い
プリント用ロゴ
バナー

広告

バナー(バーター枠)

広告

【MixOnline】アクセスランキングバナー
【MixOnline】ダウンロードランキングバナー
記事評価ランキングバナー