【MixOnline】パンくずリスト
【MixOnline】記事詳細

旭化成ファーマ 深在性真菌症薬イサブコナゾニウムを承認申請

公開日時 2021/10/04 04:47
旭化成ファーマは9月30日、深在性真菌症治療薬イサブコナゾニウム(一般名、開発コード:AK1820)の経口薬と静注製剤を承認申請したと発表した。予定効能・効果は、「真菌症(アスペルギルス症、ムーコル症、クリプトコックス症)の治療」。予定製品名は、クレセンバカプセル100mg、同点滴静注用200mgとなる。

同剤はスイスのバジリア社が創製したアゾール系に分類される新規抗真菌薬。旭化成ファーマが2016年9月に日本における独占的な開発・販売権を取得し、国内開発してきた。

海外では、バジリアとその導出先であるアステラス製薬によって共同開発され、米国で15年3 月にFDAから侵襲性アスペルギルス症および侵襲性ムーコル症の適応で承認を受けた。欧州では15年10月に承認された。これまでに約60か国で承認されており、欧米を含む54か国で海外製品名「CRESEMBA」として販売されている。
プリントCSS用

 

【MixOnline】コンテンツ注意書き
【MixOnline】関連ファイル
関連ファイル

関連するファイルはありません。

ボタン追加
【MixOnline】キーワードバナー
【MixOnline】記事評価

この記事はいかがでしたか?

読者レビュー(1)

1 2 3 4 5
悪い   良い
プリント用ロゴ
バナー

広告

バナー(バーター枠)

広告

【MixOnline】アクセスランキングバナー
【MixOnline】ダウンロードランキングバナー
記事評価ランキングバナー