【MixOnline】パンくずリスト
【MixOnline】記事詳細

アッヴィ 進行期パーキンソン病治療薬・ABBV-951を承認申請 持続皮下注射製剤

公開日時 2022/03/18 04:49
アッヴィ合同会社はこのほど、進行期パーキンソン病治療薬・ABBV-951(開発コード、一般名:ホスレボドパ/ホスカルビドパ水和物)について、日本で承認申請したと発表した。同剤はレボドパ/カルビドパ(以下、LD/CD)の分子構造を改良し、外科的手術を必要としない持続皮下注製剤として開発されたもの。

パーキンソン病では、疾患の進行に伴い脳内のドパミン濃度が不安定になり、経口LD/CD薬の頻回な服用が必要となる。一部の患者では平均10-11錠/日の経口投与により、患者や介護者の負担が大きくなっている。また、経口薬や貼布剤などの治療では症状コントロールが難しい進行期パーキンソン病患者に対する治療選択肢は現在、手術を必要とするデバイス補助治療が主であり、侵襲性が低く、入院や術後管理などの患者への負担が少ない新たな治療選択肢が求められている。

ABBV-951は持続皮下注射用のLD/CDのプロドラッグ溶液。同社は、経口薬で運動症状を制御できない進行期パーキンソン病の治療薬として開発した。

指定難病のパーキンソン病は、振戦(ふるえ)、筋固縮、動作緩慢、平衡障害などの症状を特徴とした進行性かつ慢性の神経障害で、根治療法は未だ見つかっていない。パーキンソン病は50代頃から症状がみられ、国内患者数は約16万人と年々増加傾向にある。
プリントCSS用

 

【MixOnline】コンテンツ注意書き
【MixOnline】関連ファイル
関連ファイル

関連するファイルはありません。

【MixOnline】キーワードバナー
【MixOnline】記事評価

この記事はいかがでしたか?

読者レビュー(1)

1 2 3 4 5
悪い   良い
プリント用ロゴ
【MixOnline】誘導記事

一緒に読みたい関連トピックス

後期開発品 最多はがん領域の184品目、全体の37%占める
22年1月版 疾患別リスト

後期開発品 最多はがん領域の184品目、全体の37%占める

2022/01/01
ミクス編集部が製薬企業70社のフェーズ2以降の新薬開発状況をまとめた「新薬パイプラインリスト22年1月版 疾患別」によると、P2以降の国内開発プロジェクト数(以下、品目数)は756品目となった。
後期開発品 1位はAZ、8位まで外資系企業が占める 内資系トップタイに小野薬品と武田薬品
22年1月版 企業別リスト

後期開発品 1位はAZの46品目 8位まで外資系企業

2022/01/01
ミクス編集部が製薬企業70社のフェーズ2以降の新薬開発状況をまとめた「新薬パイプラインリスト22年1月版 企業別」によると、原則2021年11月末時点(申請品目は12月15日まで集計)でP2以降の国内開発プロジェクト数(以下、品目数)は783品目となった。
ボタン追加
バナー

広告

バナー(バーター枠)

広告

【MixOnline】アクセスランキングバナー
【MixOnline】ダウンロードランキングバナー
記事評価ランキングバナー