【MixOnline】パンくずリスト
【MixOnline】記事詳細

サンバイオ・森社長 審査中のSB623「収量の改善確認」を報告 今期中の承認取得、24年中上市に期待感

公開日時 2023/09/19 04:50
サンバイオの森敬太代表取締役社長は9月15日の1月期第2四半期決算説明会で、外傷性脳損傷に対する治療薬として承認審査中の「SB623」について、審査上で指摘された生産関連の「収量」は「改善を確認している」と改めて報告した。そのうえで、24年1月までの承認取得に強い期待感を表明した。一方で、SB623の今後の展開に触れ、「外傷性脳損傷に加えて、脳梗塞、脳出血など3大疾患の領域でグローバル展開していきたい」と強い意欲を示した。

この日の会見で森社長は、SB623の審査をめぐる状況について、「この3ヶ月間、臨床・非臨床も含めてサプライズ的なものはなかったと考えている。しっかりと現在進めている取り組みを行い、承認を取得したい。そして上市していきたいと考えている」と意欲を示した。承認時期については明言を避けながらも、「当初の予定通り今期中(1月期決算)」と強調。承認取得後には速やかに薬価交渉に臨む考えを表明した。これにより上市は、24年度中を見込んだ。

◎米国子会社の人員削減等の合理化に伴う費用計上などで営業損失が増加

同社の1月期第2四半期決算は、SB623慢性期外傷性脳損傷プログラムの承認に向けた活動費用が主となり、事業収益を計上せず、事業費用として30億8400万円を計上した。現金及び預金は23年1月期末の67億3200万円から21億800万円減の46億2400万円。

24年1月期連結業績予測と実績値の差異をみると、営業利益の実績値が▲30億8400万円で増減額として▲6億8600万円(前回公表予想▲23億9800万円)と費用が膨らんでいる。この理由について同社は、SB623慢性期外傷性脳損傷プログラムの承認取得に向けた製造関連の費用が膨らんだことに加えて、米国子会社のSanBio, Inc.における人員削減等の合理化に伴う費用の計上等により営業損失が増加したと説明した。
 
プリントCSS用

 

【MixOnline】コンテンツ注意書き
【MixOnline】関連ファイル
関連ファイル

関連するファイルはありません。

【MixOnline】キーワードバナー
【MixOnline】記事評価

この記事はいかがでしたか?

読者レビュー(7)

1 2 3 4 5
悪い   良い
プリント用ロゴ
【MixOnline】誘導記事

一緒に読みたい関連トピックス

記事はありません。
ボタン追加
バナー

広告

バナー(バーター枠)

広告

【MixOnline】アクセスランキングバナー
【MixOnline】ダウンロードランキングバナー
記事評価ランキングバナー