【PART1】2018年度改定が発するメッセージ 地域単位で予防から医療・介護の流れを明確化

公開日時 2018/03/31 00:00
  • Twitter
  • 印刷
製薬企業もヘルスケア意識した産業構造転換を「2018年度診療報酬改定は、2025年に向けた最後の体制整備を図る改定だった」――。厚生労働省の鈴木俊彦保険局長は本誌取材に対して、こう語った。2025年に到来する超高齢・多死社会。そして、その先2040年には、生産年齢の人口減少が重くのしかかる。医療提供体制も変革の時を迎える。これまでの急性期病院中心の医療提供体制は終わりを告げ、多職種連携、ネットワーク型の医療を構築する時代へと入った。人生100年時代とも呼ばれる中で、健康寿命の延伸の重要性は増す。保険者と自治体が、予防を含めた“健康づくり”に取りくむ必要性も高まる。製薬企業も、こうした変化に対応し、ヘルスケアの観点を意識した産業構造転換が求められている。地域医療・介護の現場を取材した。(沼田佳...

 

プレミアコンテンツのご案内

プレミアコンテンツ

医薬ランキング

医薬ランキング

医療費、製薬企業業績、MR数などのデータ集。

サンプル記事のご紹介
薬剤採用・新規処方アンケート

薬剤採用・新規処方アンケート

毎月、臨床医、病院薬剤部へアンケートを実施。

サンプル記事のご紹介
 
限定プレミアデータ

限定プレミアデータ

Monthlyミクスに掲載しきれなかったデータや詳細情報。

サンプル記事のご紹介
ドクターリサーチ

ドクターリサーチ

医師のインサイトを調査。

 
企業別・疾患別パイプラインリスト

企業別・疾患別パイプラインリスト

企業別、疾患別のパイプラインリストを掲載。

その他にもたくさんのコンテンツをご覧になれます。

 

コンテンツの続きは、ベーシック会員の方およびプレミア会員の方のみ閲覧することができます。

※会員の方はユーザー名とパスワードを入力ください。

読者レビュー(0)

 

 

広告

広告

広告

広告

広告

広告

市場に密着した医薬情報&マーケティング誌

 

12月号特集
(Promotion)

デジタルヘルス時代を占う企業戦略

自前主義から脱却 他業種連携を探る

 

 

12/1発行

バックナンバー

 

ミクス編集部のtwitter

 

ミクスOnlineのモバイルサイトは下記QRコードよりアクセスしてください

QRコード

http://mobile.mixonline.jp/