キッセイ薬品 高リン血症薬ピートル顆粒分包の承認取得

公開日時 2018/10/01 03:50
  • Twitter
  • 印刷

キッセイ薬品はこのほど、高リン血症治療薬ピートルチュアブル錠(一般名:スクロオキシ水酸化鉄)の新剤形となるピートル顆粒分包250mg、同500mgの承認を取得したと発表した。承認取得日は9月21日付。同社は11月の薬価収載を見込んでおり、収載後できるだけ速やかに発売するとしている。

既存のチュアブル錠は水なしで服用可能とのメリットがある一方、かみ砕いて服用する必要があり、咀嚼機能の低下した患者では服用が難しい面もあった。新剤形の顆粒剤は直径2.3mmのマイクロタブレット型で、水は必要なものの、噛まずに服用できる。同社は、「ピートルの製品ラインナップにマイクロタブレット型の顆粒剤を新たに加えることで、服薬アドヒアランス向上のための新しい選択肢として、透析医療に一層貢献できる」としている。

ピートルは酸化水酸化鉄が消化管内でリン酸と結合し、体内へのリンの吸収を抑制することで血清リン濃度を低下させる。キッセイはスイスのビフォー・フレゼニウス・メディカル・ケア・リーナル・ファーマ社から日本における独占的な開発・販売権を取得した。

関連ファイル

関連するファイルはありません。

 

この記事はいかがでしたか?

読者レビュー(2)

1 2 3 4 5
悪い   良い

 

 

広告

広告

広告

広告

広告

広告

市場に密着した医薬情報&マーケティング誌

  

10月号特集
(Promotion)

本誌調査 新薬採用アンケート2018年版

利便性・アドヒアランス向上見込む製品上位に

 

 

10/1発行

バックナンバー

 

ミクス編集部のtwitter

 

ミクスOnlineのモバイルサイトは下記QRコードよりアクセスしてください

QRコード

http://mobile.mixonline.jp/