記事一覧名

関連ニュース一覧

産婦人科領域の治療薬市場 24年に800億円超え 18年比で1.2倍 富士経済調べ (19/08/19)
成熟B細胞腫瘍は血液がんの4割 国がん・血液がんの詳細分類で初公表 (19/08/08)
免疫療法薬キイトルーダ 19年4~6月製品売上ランクで初の首位 上期に560億円超え (19/08/07)
GE85%以上で算定可の「後発品調剤体制加算3」 薬局の27%で算定 この1年で倍増 (19/08/06)
18年のグローバル製品売上 トップは自己免疫疾患薬ヒュミラ、254億ドル IQVIA (19/07/10)
国内爪白癬治療薬市場 25年に500億円台に 17年から倍増 富士経済調べ (19/07/05)
国内IBD治療薬市場 25年に1500億円台に 18年比で1.5倍 富士経済調べ (19/07/02)
国内バイオシミラー市場 22年に600億円に迫る 17年比で4倍超に 富士経済 (19/06/21)
世界の医薬品市場 24年の売上1位はキイトルーダ、170億ドル超に 英調査会社まとめ (19/06/11)
18年度の国内医療用薬市場 1.8%縮小 平均7.48%の薬価下げを新薬押し戻し (19/05/22)
病理検査薬市場 コンパニオン診断需要増により5年で23.5%成長 富士経済予測 (19/04/23)
2018年CMR数は11.5%減 過去最大の減少率 日本CSO協会調査 (19/04/18)
IQVIA 平成の医療用薬市場 前期は抗菌薬、中期は生活習慣病薬、後期は抗腫瘍薬が席巻 (19/04/17)
整形外科領域の治療薬市場 22年に6000億円超え 抗リウマチ薬がけん引 富士経済 (19/04/16)
国がん がん5年生存率は67.9%と発表 膵がんで9.2%と部位別で差も (19/04/12)
18年の国内医療用薬市場1.7%減 2年連続で市場縮小 IQVIA (19/02/20)
IQVIA 国内市場予測、5年間の年平均成長率はマイナス3%~0% 先進国で最低水準 (19/02/04)
GE薬協 18年度第2四半期のGE数量シェア73.2% 70%台で安定 (18/12/27)
18年度上期の国内医療用薬市場2.4%減 薬価改定影響をC肝薬、免疫療法薬が押し返す (18/11/08)
矢野経済研究所 国内医療用医薬品の生産高予測 2025年に向け縮小 7兆円台も (18/09/20)
12345678910...
バナー

広告

【MixOnline】アクセスランキングバナー
【MixOnline】ダウンロードランキングバナー
記事評価ランキングバナー
バナー(バーター枠)

広告