【MixOnline】パンくずリスト
【MixOnline】記事詳細

あすか製薬 5カ年新中計 新薬、基礎薬、GE強化で売上高目標は1.6倍の700億円 成果主義徹底へ

公開日時 2016/03/30 03:51
あすか製薬は3月28日、2016年4月からスタートさせる20年度までの5カ年の中期経営計画を発表した。甲状腺薬などの基礎的医薬品の拡充、オーソラズド・ジェネリックを中心としたジェネリック事業の強化に引き続き取り組むことに加え、今年中の承認・上市予定の新規作用の肝性脳症治療薬リファキシミンの成長、重点領域での導入、新規事業も見込み、最終年度の売上高は15年度見込440億円の約1.6倍にあたる700億円を目指す。営業利益率は10%を確保する。
 
同社は、内科、産婦人科、泌尿器科を重点領域とするスペシャリティファーマ。新中計では、そのポジションの強化に引き続き取り組む。
 
中計中の成長ドライバーには、2015年12月に承認申請し、肝性脳症の治療薬として希少疾病用医薬品に指定されているリファキシミンを軸に据える。新しい作用(非吸収性抗菌薬)であることから既存患者の取り込みを含め、第一選択薬の位置づけの獲得に取り組む。小児、過敏性腸症候群の適応拡大も進めて成長を図る。
 
そのため同剤の主要市場となる内科(消化器)ほか、重点領域において、営業やマーケティングと独立して専門性の高い医学的情報の収集・情報提供などを行うMSLを4月に若干名配置する。産婦人科領域については、女性患者が多い甲状腺疾患を含める形で「ウィメンズヘルスサポート部」を新設し、マーケティングの専門性を高める。
 
併せて4月には新人事制度を導入し、職位に見合った役割と成果をベースとした成果主義の徹底を図る。
 
そのほか、工場の稼働率向上、製品ポートフォリオ見直しによる原価低減などにも取り組み、利益率の向上につなげる。
プリントCSS用

 

【MixOnline】コンテンツ注意書き
【MixOnline】関連ファイル
関連ファイル

関連するファイルはありません。

ボタン追加
【MixOnline】キーワードバナー
【MixOnline】記事評価

この記事はいかがでしたか?

読者レビュー(0)

1 2 3 4 5
悪い   良い
プリント用ロゴ
バナー

広告

バナー(バーター枠)

広告

【MixOnline】アクセスランキングバナー
【MixOnline】ダウンロードランキングバナー
記事評価ランキングバナー