【MixOnline】パンくずリスト
【MixOnline】記事詳細

医師が信頼しているメーカー トップはHPが第一三共、GPが武田薬品 

公開日時 2016/10/17 03:52

マーケティングリサーチサービスを展開する社会情報サービス(通称SSRI)とエムスリーは10月14日、医師が信頼しているメーカーの第1位が、HPが第一三共、GPが武田薬品――との調査結果を発表した。HPの回答医師約1万4000人のうち23.2%が第一三共を挙げ、HPで第2位の武田薬品(20.9%)と2.3ポイントの差をつけた。GPでは回答医師約6000人のうち26.7%が武田薬品を挙げたものの、GPで第2位の第一三共(25.9%)とは0.8ポイントの僅差だった。信頼しているメーカーは診療科別に特色がみられ、眼科のトップは参天製薬、皮膚科ではマルホ、腎臓内科/透析科では協和発酵キリン――となるなどした。SSRIは「スペシャリティファーマとして各社が地位を築いている表れ」としている。

文末の関連ファイルに、HP、GP別に信頼しているメーカー上位10社と、診療科別に信頼している上位3社に関する資料を掲載しました(10月17日のみ無料公開、その後はプレミア会員限定コンテンツになります)。

今回の分析は、エムスリーの医師会員約2万人を対象に382疾患について診療患者数などを調査したデータベース「PatientsMap2016日本版」をもとにしたもの。このデータベースは毎年アップデートしており、2016年版で初めて「信頼しているメーカー」を聞いた。

信頼しているメーカーを複数回答可で聞いたところ、HPの上位10社はトップから第一三共、武田薬品、大塚製薬、アステラス製薬、MSD、ファイザー、エーザイ、中外製薬、日本イーライリリー、小野薬品――。GPでは武田薬品、第一三共、アステラス製薬、MSD、ファイザー、大塚製薬、田辺三菱製薬、グラクソ・スミスクライン、ツムラ、エーザイ――。

診療科別のトップは、泌尿器科がアステラス製薬、精神科が大塚製薬、消化器外科が大鵬薬品、循環器内科が第一三共、脳神経外科が大塚製薬、血液内科が協和発酵キリン、糖尿病・内分泌科が日本イーライリリー――。

診療科別で「信頼している」との回答割合が最も高かったのは眼科トップの参天で、回答医師592人のうち73.3%が同社を挙げた。ちなみに2番目に回答割合が高かったのは皮膚科トップのマルホで、回答医師508人の59.6%が挙げた。これらの結果から、マルホも参入領域で過半数の信頼を得たものの、参天の眼科領域での圧倒的な信頼感の高さが示されたといえそうだ。

プリントCSS用

 

【MixOnline】コンテンツ注意書き
【MixOnline】関連ファイル
ボタン追加
【MixOnline】キーワードバナー
【MixOnline】記事評価

この記事はいかがでしたか?

読者レビュー(9)

1 2 3 4 5
悪い   良い
プリント用ロゴ
バナー

広告

バナー(バーター枠)

広告

【MixOnline】アクセスランキングバナー
【MixOnline】ダウンロードランキングバナー
記事評価ランキングバナー