【MixOnline】パンくずリスト
【MixOnline】記事詳細

厚労省 スキサメトニウムなど5成分の添付文書改訂を指示 原則禁忌廃止受け

公開日時 2019/07/18 03:50
厚生労働省医薬・生活衛生局は7月17日、新たに医療用医薬品5成分の添付文書を改訂するよう日本製薬団体連合会に医薬安全対策課長通知で指示した。対象となった5成分はいずれも、4月施行の添付文書新記載要領で「原則禁忌」が廃止されたことに伴い、「禁忌」に引き上げる必要があると判断されたもの。

添付文書の改訂指示があった医薬品は次のとおり
▽スキサメトニウム注(スキサメトニウム塩化物水和物、丸石製薬)
▽レラキシン注(スキサメトニウム塩化物水和物、杏林製薬)
指示概要:重症の熱傷、広範性挫滅性外傷の患者のうち、急性期後の患者と、四肢麻痺のある患者の記載を禁忌に移行した。
薬効分類:122 骨格筋弛緩剤

▽エホチール注(エチレフリン塩酸塩、サノフィ)
指示概要:「本剤の成分に対し過敏症の既往歴のある患者」の記載を禁忌に移行した。
薬効分類:211 強心剤

▽ネオシネジンコーワ注(フェニレフリン塩酸塩、興和)
指示概要:「本剤の成分に対し過敏症の既往歴のある患者」の記載を禁忌に移行した。
薬効分類:216 血管収縮剤

▽注射用カタクロット (オザグレルナトリウム、丸石製薬)
▽カタクロット注射液(同、丸石製薬)
▽キサンボン注射用(同、キッセイ薬品)
▽キサンボンS注射液(同、キッセイ薬品)
指示概要:「重篤な意識障害を伴う大梗塞の患者」の記載を禁忌に移行した。
薬効分類:219 その他の循環器官用薬、399 他に分類されない代謝性医薬品

▽一般診断用精製ツベルクリン(PPD)(精製ツベルクリン、日本ビーシージ)
▽一般診断用精製ツベルクリン(PPD)1 人用(同)
指示概要:ツベルクリン反応検査で非常に強い反応を示したことのある者や、検査不適当な状態にある者を、禁忌に移行した。
あわせて副じん皮質ホルモン剤、プレドニゾロン等(軟膏の注射部位以外の局所的塗布を除く)の記載を併用注意に移行。
薬効分類:639 その他の生物学的製剤


プリントCSS用

 

【MixOnline】コンテンツ注意書き
【MixOnline】関連ファイル
関連ファイル

関連するファイルはありません。

ボタン追加
【MixOnline】キーワードバナー
【MixOnline】記事評価

この記事はいかがでしたか?

読者レビュー(0)

1 2 3 4 5
悪い   良い
プリント用ロゴ
バナー

広告

バナー(バーター枠)

広告

【MixOnline】アクセスランキングバナー
【MixOnline】ダウンロードランキングバナー
記事評価ランキングバナー