【MixOnline】パンくずリスト
【MixOnline】記事詳細

医師の製品想起ランキング 上位8製品は全て発売1年半以内の新薬 コロナでSOV終焉

公開日時 2020/12/23 04:51
2020年10月に、MRによる情報提供活動などプッシュ型のプロモーション系情報チャネル(以下、プロモ系チャネル)によって医師に想起された上位4製品はいずれも今年7月以降に発売された新薬で、上位8製品は全て1年半以内に発売された新薬が占めたことがわかった。コロナ禍により、リモート面談はもちろん、対面訪問でもアポイントの取得は必須になった。SOV製品でのアポ取りは難しく、新薬上市や投薬日数制限解除といったアポ取りしやすいネタで情報活動につなげ、結果、各種新薬の想起に至ったとみられる。今回の10月度調査は、SOVの終焉を示したともいえそうだ。

この調査結果はインテージヘルスケアが提供する医師約1万人を対象に情報チャネルごとの製品想起状況などをトラッキングする「SOC(=Share of Channels)」の20年10月度調査によるもの。今回は10月度調査のうちプロモ系チャネルによる製品想起を取り上げた。同調査は1月、4月、7月、10月に実施しており、前回調査は20年7月度となる。

■製品想起1位は心不全薬エンレスト

10月度にプロモ系チャネルで医師に想起された上位10製品を見てみると、1位の心不全治療薬エンレスト(8月発売)、2位は不眠症薬デエビゴ(7月発売)、3位の経口腎性貧血薬ダーブロックと4位の経口腎性貧血薬バフセオはいずれも8月発売――の新薬だった。5位の降圧剤ミネブロは3月に、6位の3成分配合COPD治療薬ビレーズトリは10月に、それぞれ投薬日数制限が解除された。なお、ミネブロは19年5月発売の新薬。

7位の心不全薬コラランは19年11月発売、8位の高カリウム血症薬ロケルマは20年5月発売の新薬だ。9位のがん免疫療法薬キイトルーダは8月に食道がんの適応追加が承認されたほか、既承認の適応を含めて6週間隔投与の新用法も追加された。10位は慢性便秘症薬グーフィスだった。

■コロナ前は上位にSOV製品も コロナ後は最近上市の新薬

コロナ以前は、プロモ系チャネルによって医師に想起される上位製品に、各社の主力品やSOV製品が散見された。今回の10月度調査では、最近上市された新薬や薬事関係のイベントがあった製品がより多くの医師に想起されており、コロナ後の特筆すべき変化といえそうだ。

調査の詳細(チャネル別想起状況、6エリア別想起状況など)はミクスOnlineの有料会員向けに公開しています(記事はこちら)。2週間の無料トライアルはこちら
プリントCSS用

 

【MixOnline】コンテンツ注意書き
【MixOnline】関連ファイル
関連ファイル

関連するファイルはありません。

ボタン追加
【MixOnline】キーワードバナー
【MixOnline】記事評価

この記事はいかがでしたか?

読者レビュー(10)

1 2 3 4 5
悪い   良い
プリント用ロゴ
バナー

広告

バナー(バーター枠)

広告

【MixOnline】アクセスランキングバナー
【MixOnline】ダウンロードランキングバナー
記事評価ランキングバナー