【MixOnline】パンくずリスト
【MixOnline】記事詳細

第一三共 EZH1/2阻害薬バレメトスタット 再発・難治性ATLを対象疾患に承認申請

公開日時 2022/01/07 04:49
第一三共は12月28日、EZH1/2阻害薬バレメトスタット(一般名、開発コード:DS-3201)について、再発または難治性の成人T細胞白血病リンパ腫(ATL)を対象疾患に日本で承認申請したと発表した。同適応で、希少疾病用医薬品に指定されている。

申請は、日本で実施した多施設共同、非盲検、単群、第2相臨床試験の結果に基づく。20歳以上のモガムリズマブ投与歴のある再発又は難治性ATL患者、あるいはモガムリズマブ不耐・適応外で1レジメン以上の全身化学療法を施行した再発又は難治性ATL患者を対象に、1日1回、1回200mg経口投与し、有用性を検証した。

EZH1及びEZH2は多くの血液がんで発現しているヒストンメチル化酵素。がん抑制遺伝子の不活性化に関係している。同剤はエピジェネティクス(DNA配列の変化を伴わない遺伝子発現変化を誘導する分子メカニズム)領域の低分子医薬品で、EZH1及びEZH2を選択的に阻害することで、これらに依存して増殖するがん細胞を抑制する。

ATLは、ヒトT細胞白血病ウイルス1型(HTLV-1)の感染が原因で発症する疾患で、日本に多い悪性リンパ腫の一種。国内の年間新規患者数は約1000人、年間死亡者数は約1000人と推定されている。ATLの発症予防や有効な治療法は十分に確立されておらず、予後不良とされている。
プリントCSS用

 

【MixOnline】コンテンツ注意書き
【MixOnline】関連ファイル
関連ファイル

関連するファイルはありません。

【MixOnline】キーワードバナー
【MixOnline】記事評価

この記事はいかがでしたか?

読者レビュー(3)

1 2 3 4 5
悪い   良い
プリント用ロゴ
【MixOnline】誘導記事

一緒に読みたい関連トピックス

後期開発品 1位はAZ、8位まで外資系企業が占める 内資系トップタイに小野薬品と武田薬品
22年1月版 企業別リスト

後期開発品 1位はAZの46品目 8位まで外資系企業

2022/01/01
ミクス編集部が製薬企業70社のフェーズ2以降の新薬開発状況をまとめた「新薬パイプラインリスト22年1月版 企業別」によると、原則2021年11月末時点(申請品目は12月15日まで集計)でP2以降の国内開発プロジェクト数(以下、品目数)は783品目となった。
後期開発品 最多はがん領域の184品目、全体の37%占める
22年1月版 疾患別リスト

後期開発品 最多はがん領域の184品目、全体の37%占める

2022/01/01
ミクス編集部が製薬企業70社のフェーズ2以降の新薬開発状況をまとめた「新薬パイプラインリスト22年1月版 疾患別」によると、P2以降の国内開発プロジェクト数(以下、品目数)は756品目となった。
ボタン追加
バナー

広告

バナー(バーター枠)

広告

【MixOnline】アクセスランキングバナー
【MixOnline】ダウンロードランキングバナー
記事評価ランキングバナー