【MixOnline】記事一覧2
リモートコミュニケーション 利用経験医師は16.5% Web会議、オンライン診療、地域包括ケア参画医師ほど利用多く

リモートコミュニケーション 利用経験医師は16.5% Web会議、オンライン診療、地域包括ケア参画医師ほど利用多く

2020/02/12
医療従事者が製薬企業の社員とPC画面などを通して1対1で双方向に対話し、医師が情報入手できるサービス「リモートコミュニケーション」をこれまでに1回以上利用した経験のある医師が16.5%いることが、医薬品マーケティング支援会社エム・シー・アイ(MCI)の調べでわかった。
日医 新型コロナ疑い例で医療機関から「帰国者・接触者外来」への直接誘導は可能

日医 新型コロナ疑い例で医療機関から「帰国者・接触者外来」への直接誘導は可能

2020/02/12
日本医師会の感染症危機管理対策室(釜萢敏室長)は2月10日までに、新型コロナウイルスによる感染症が疑われる場合、「医療機関から直接、診療体制の整った医療機関への相談を誘導する」ことが可能と通知した。
AZ AI型チャットボットでの情報提供サービス開始 医療者、患者それぞれに対応

AZ AI型チャットボットでの情報提供サービス開始 医療者、患者それぞれに対応

2020/02/12
アストラゼネカは、AI型チャットボットを用いた情報提供サービスの本格運用を始めた。
国際医療研究センター大曲氏 新型肺炎は「感冒症状遷延し、倦怠感強い」 緊急セミナーで報告

国際医療研究センター大曲氏 新型肺炎は「感冒症状遷延し、倦怠感強い」 緊急セミナーで報告

2020/02/10
国立国際医療研究センターの大曲貴夫国際感染症センター長は2月7日、新型コロナウイルスによる肺炎患者の傾向として、「感冒症状が1週間ほど続き、かつ倦怠感が強い」ことが挙げられると述べた。
ヤンセン 前立腺がん治療薬ザイティガ 日本新薬とコ・プロ、3月2日から

ヤンセン 前立腺がん治療薬ザイティガ 日本新薬とコ・プロ、3月2日から

2020/02/10
ヤンセンファーマと日本新薬は2月7日、ヤンセンが製造販売している前立腺がん治療薬ザイティガ錠(一般名:アビラテロン酢酸エステル)について、日本でコ・プロモーションする契約を締結したと発表した。
ノボ 超速効型インスリンアナログ製剤フィアスプを発売

ノボ 超速効型インスリンアナログ製剤フィアスプを発売

2020/02/10
ノボ ノルディスクファーマは2月7日、新規の超速効型インスリンアナログ製剤フィアスプ注フレックスタッチ、同注ペンフィル、同注100単位/mL(一般名:インスリン アスパルト(遺伝子組換え))を発売した。
バナー

広告

バナー(バーター枠)

広告

【MixOnline】アクセスランキングバナー
記事評価ランキングバナー
【MixOnline】ダウンロードランキングバナー