記事一覧名

関連ニュース一覧

高度生殖補助医療周辺市場 2030年に121億円規模に、21年から3割増し 富士経済 (22/09/21)
IQVIA 22年第2四半期の医療用医薬品市場 前年比1.3%増 5四半期連続で国内プラス成長を達成 (22/08/18)
医療用アセトアミノフェン 7月に推計約421万人に処方 特に60歳未満で大きな伸び コロナ禍で最多 (22/08/17)
不妊治療薬市場 25年に200億円突破も保険診療部分は30%程度に 「自由診療が中心の状況続く」 (22/08/09)
新型コロナ「第7波」でオンライン診療増加 自宅療養者の「再診」で目立つ利用 新規導入施設は伸び悩み (22/08/05)
国内申請数は82 がん領域で23品目 重症喘息 2型糖尿病 乾癬に新機序薬 本誌開発品リスト22年8月版 (22/08/02)
国内医療用薬市場 21年に5.4%成長 新型コロナワクチン・治療薬影響大で23年は大幅縮小も 富士経済 (22/07/25)
新型コロナワクチン 21年売上は計600億ドル超 治療薬は計160億ドル超 (22/07/06)
非対面診療に係る算定件数 最多は今年2月 新設の「情報通信機器」初診は限定的 (22/07/05)
21年のグローバル製品売上 1位はヒュミラの320億ドル 100億ドル以上は9製品 IQVIA (22/07/01)
アジアの再生医療等製品市場 22年に100億円突破、30年に662億円 富士経済 (22/06/29)
治療用アプリ市場 30年1260億円、35年2850億円に 高血圧・糖尿病・不眠症などに対応疾患拡大へ (22/06/22)
国内バイオシミラー市場 がん・糖尿病等で右肩成長 25年度に1000億円超 30年度1242億円まで拡大も (22/06/07)
ミクス・MR数調査22年版 MR数は前年比6.6%減 2000人以上減少 営業体制再構築、戦略的な配転も (22/06/02)
IQVIA・21年度国内医療薬市場 規模はコロナ前の水準にまで回復 新薬で病院市場成長、開業医市場縮小 (22/05/25)
多発性骨髄腫治療薬の市場規模 21年に1000億円台、29年に1500億円台に 富士経済 (22/04/19)
コロナ「第6波」のDTL数 ネット使った医師への情報インプットが定着 視聴直後のMRフォローがカギ (22/03/31)
インフルエンザ 21‐22年シーズンも流行せず 2期連続 (22/03/18)
21‐22年のインフルエンザ 流行なく春を迎える可能性も 1月の患者数は約2700人 (22/02/25)
チャネル別リーチ率 医師が情報にアクセスしたい企業 1位ファイザー 武田薬品と第一三共は順位落とす (22/02/21)
12345678910...
バナー

広告

【MixOnline】アクセスランキングバナー
【MixOnline】ダウンロードランキングバナー
記事評価ランキングバナー
バナー(バーター枠)

広告